日本のノーベル賞受賞数と国別受賞数ランキング

iPS細胞で山中教授がノーベル賞を受賞!
おめでとうございます。
山中教授のことを今まで全然知らなかった、かつIPS細胞もよくわかっていないただのミーハーです。
ちょっと浮かれてみました。
さて、最近ノーベル賞とった日本人ってどれくらいいるのか気になったので調べてみた。
1.湯川秀樹 1949年 物理学賞 中間子の存在の予想。
2.朝永振一郎 1965年 物理学賞 量子電気力学分野での基礎的研究。
3.川端康成 1968年 文学賞 『雪国』『千羽鶴』等の作品。
4.江崎玲於奈  1973年 物理学賞 半導体におけるトンネル効果の実験的発見。
5.佐藤栄作 1974年 平和賞 非核三原則の提唱。
6.福井謙一 1981年 化学賞 化学反応過程の理論的研究。
7.利根川進 1987年 医学生理学賞 多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明。
8.大江健三郎 1994年 文学賞 『個人的な体験』『万延元年のフットボール』等の作品。
9.白川英樹 2000年 化学賞 導電性高分子の発見と発展。
10.野依良治 2001年 化学賞 キラル触媒による不斉合成反応の研究。
11.小柴昌俊 2002年 物理学賞 天体物理学、特に宇宙ニュートリノの検出に対するパイオニア的貢献。
12.田中耕一 2002年 化学賞 生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発。
13.小林誠 物理学賞 対称性の破れによるクォーク世代の予言(小林・益川理論)
14.益川敏英 2008年 物理学賞 対称性の破れによるクォーク世代の予言(小林・益川理論)
15.南部陽一郎2008年 物理学賞 自発的対称性の破れ。量子色力学。
16.下村脩 2008年 化学賞 緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見とその開発。
17.鈴木章 2010年 化学賞 クロスカップリングの共同開発。
18.根岸英一 2010年 化学賞 クロスカップリングの共同開発。
19.山中伸弥 2012年 医学生理学賞 iPS細胞の開発。
どうやら山中教授含め、日本人受賞者は19人いるようだ。
19人って多いのか?少ないような気がする。調べてみた。
(↓数が若干違ったらすんません)
1 アメリカ合衆国 325
2 イギリス 111
3 ドイツ 81
4 フランス 55
5 スウェーデン 31
6 スイス 22
7 ロシア 20
8 日本 19
9 オランダ 16
10 イタリア 14
11 デンマーク 13
12 オーストリア 12
12 カナダ 12
14 イスラエル 10
14 オーストラリア 10
16 ノルウェー 9
16 ベルギー 9
18 南アフリカ共和国 7
19 スペイン 6
20 ポーランド 5

どうやら結構多い。
アメリカ・イギリス・ドイツは異常。。
日本は8位と健闘。
アジア圏では20位内は日本だけ。
なんだかんだいって日本人ってやっぱりすごいことを実感したノーベル賞受賞騒動。
やればできるんだな。
やればなんでもできちゃうんだな。
日本人って。

おわり。

コメントを残す